小泉前総理の瞬発的な判断の詳細

> 小泉前総理の瞬発的な判断

小泉前総理の瞬発的な判断

 今現代における優秀なビジネスリーダーを挙げるとすれば、小泉前総理が一番適切だと思います。
小泉さんはカリスマ性がありますが、何故そのように感じるのでしょうか?
まずは評価できる点は、瞬発的に方針を決めて仕事をするところではないでしょうか。

北朝鮮問題でも小泉さんは水面下で北朝鮮とのパイプを作り、会談を実現させて当時の総書記である
金正日氏と直に拉致問題の解決について話したことです。
数十年凍結していた問題を、一気に問題解決に導こうとした功績は大きいです。
直にトップ同士の会談を実現させた外交戦略も凄まじいことです。

現在の安倍政権でもアントニオ猪木議員などの北朝鮮と繋がりのある方の外交でも、
歩み寄る程度にしかなっていないのですから。


次に挙がるのがイラク戦争時の自衛隊派遣です。
この自衛隊派遣については賛否両論はありますが、指示やそれこそ国際的に返答が求められた時に、
瞬時に判断を下すことが凄いと思います。

総理と言えども一人の人間です。

それに権力があるが故に、取り巻きや反対勢力の顔色を伺いつつ言動を決定していくと思うので、
判断には時間がかかると思われますが、
小泉さんは周囲の話しをまとめつつ回答してきたことは素晴らしいです。

どの判断にも良し悪しは必ず出てくることだと思います。
そこで慎重になって弱気になるところがあるかと思いますが、小泉さんはそことも向き合っている
感じがします。
自分の大義との戦いです。


安倍総理も小泉さんに決断力で特段劣っているとは思わないので頑張ってリーダーとしての役目を
してほしいと思います。